調理RECIPE

チャーシュー丼


地元の老舗杉野醤油店の「カンロ醤油」でじっくり煮込んだ当店自慢のチャーシュー。
目玉焼きや温泉卵をのっけてどんぶりにするともう絶品。

1人分
材料:チャーシュー5-6枚、キャベツ1-2枚、卵1個、タレ50ml(すき焼きの割下でもよい)、ご飯
①チャーシューは5㎜程にスライスし、キャベツを千切りにしておく。
②フライパンに火を付け熱くなったら中火に落とす。
油をひかずにチャーシューを並べます。
③脂が溶けたらすぐひっくり返し、添付のタレ(すき焼きの割下でもOK)をかけます。
煮立ったら、すぐに火を止めてください。注:両面とも絶対に焦がさない。
④どんぶりに盛ったご飯に千切りキャベツ、チャーシュー、目玉焼きの順にのせフライパンに残ったタレをかけたら完成。
⑤お好みに合わせて粗挽きコショウや七味かけてお召し上がりください。

ゴボウと火ね鶏の炊き込みご飯


親鶏の旨味が凝縮した炊き込みご飯。
冷めてもおいしい、お弁当にぴったり!

2-3人分
材料:米…2合、火ね鶏モモ…120g、ゴボウ…80g、人参…40g、砂糖…大2.1/2、醤油…大2、酒…大2、塩…小1、水…目盛まで
①ゴボウ→ささがき、人参→粗みじん切り、火ね鶏モモ→5㎜角に切り、米は洗って浸水させておく。
②鍋に油を敷かずに切った鶏肉を入れ、中火で火が通るまで炒める。
③肉に火が通り脂が出てきたら、塩以外の調味料と野菜を入れ水分が少なくなるまで炒める。
④浸水させた米の上に、煮汁があれば煮汁ごと炒めた具材を入れ、塩、水の順に入れる。水は目盛より気持ち少し少なめに入れる。
☆先に炒めてから炊くことで肉の硬さが和らぎ、食べやすくなります。
☆火ね鶏の脂が米にいきわたるので、冷めても風味豊かにおいしくいただけます。
☆ごま油をほんの少し入れると中華おこわ風に仕上がります。
☆油揚げや干し椎茸・タケノコを入れてもOK!

火ね鶏 具沢山味噌汁


旨味が汁に溶け込み、鶏油(チーユ)で体もあったまります。

2-3人分
材料:ごま油…小1、味噌…大1、火ね鶏モモ粗挽き…100g、生姜…1欠片、ゴボウ…1/3(30g)、人参…1/4本(30g)、大根…6㎝(70g)、白菜…1枚(70g)、だし汁(水+顆粒出汁)…500ml
①生姜→千切り、ゴボウ→斜め切り、人参・大根→イチョウ切り、白菜→ざく切りに切っておく。
②鍋にごま油と生姜を入れ火を付け、中火で火ね鶏を炒める。
③火が通り、肉から脂が出てきたら野菜を入れる。
④野菜に油が回ったら、だし汁を入れ一煮立ちさせる。
⑤野菜に火が通ったら、火を止め味噌を溶いて完成。
*お好みで七味唐辛子をふるとおいしいです。
☆こんにゃくや油揚げ、ネギ、里芋などを入れてgood!
☆肉を炒めることで火ね鶏から脂が出て旨味が増し、硬さも和らぎます。
☆生姜を入れることで火ね鶏の風味もいっそう引き立ち、体を温める効果もあるので冬寒い時期にぴったり。

Posted in 未分類.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です